このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
TEL 089-951-1471

七五三

新型コロナウイルス感染予防対策

  • 11月の土日祝日三組まで、他は一組ずつご祈祷致します。
  • アルコール消毒液を準備していますので、ご利用下さい。
  • マスクを着用して参列下さい。
  • 例年11月の土日に集中していますので、年間通して受付できるように致しました。

七五三・綿着とは

七五三は、お子様の無事な発育に感謝すると共に、
今後の成長を神様に願う行事です。

古くはそれぞれの儀式がありました。
3歳男女の「髪置」
 それまで剃っていた髪をこの日を境に伸ばし始める

5歳男児の「袴着」
 袴を着け始める

7歳女児の「帯解」
 それまで付け紐で付けていた着物を帯で締める着物に替える


現在は七五三として子供の成長を祈る御祈祷を行っております。

綿着(わたぎ)は0歳児が初めて冬を越すために、綿の入った着物を着てお祝いする松山独特の儀式です。

年齢は数え年に合わせて御祈祷していましたが
最近では満年齢で御祈祷される方も増えています。
お子様の体調等に合わせられて、お越しください。

-令和3年祝い年のお子様-


数え年の場合   満年齢の場合
3歳 男子・女子
平成31年・令和元年生まれ  平成30年生まれ
5歳 男子
平成29年生まれ  平成28年生まれ
7歳 女子
平成27年生まれ  平成26年生まれ
7歳 女子
平成27年生まれ  平成26年生まれ

ご祈祷受付について

受付日程 平日、土日、祝日問わず毎日受付しています。

受付時間 午前9時~午後4時半まで

祈祷時間 20分程度

11月の土日祝日三組まで、他は一組ずつご祈祷致します。
お電話か下記お問い合わせにて、ご予約下さい。


 初穂料

一人  5,000円
二人  8,000円
三人 10,000円

碁盤の儀

皇室では七五三に当たるものとして
「碁盤から飛び降りる」という儀式が行われています。
これには
「碁盤の目のように筋目正しく育つ」
「ひとり立ちする」
「運を自分で開く」
といった願いが込められています。

当社でも令和2年から
七五三の御祈祷をされた皆様にしていただいき
記念撮影をしてもらっています。

お子様の成長と自立の願いを込めて
碁盤から南面に飛び降りてください。

千歳飴
令和3年より千歳飴の袋を選べるようにしました。

右側は様々な色の「玉」をモチーフにデザインしたもの。
昔から「玉のような子」といった誉め言葉があります。

ここで言う玉とは宝石や真珠をさしており、
美しく大切のもの、貴重なものの例えとしてよく使われます。
大切なお子様の七五三のお祝いに健やかに成長して様々な色に輝いてもらいたい!という願いが込められています。

 

左側の昔ながらのデザインの袋は
長生きと繁栄を表した鶴亀に、おめでたい席での代名詞でもある松竹梅。
竹ほうきは、病や災難をはき捨てて、元気に育ってほしいという願い。熊手は、子や孫が七徳を自分の方へかき寄せられるようにとの願いが込められています。

-境内撮影スポット-

神社にて写真撮影される方が増えております。
境内では様々な場所で撮影することが出来ます。

社殿横

社殿の横は亀甲の形をした珍しい石垣の上に
塀があり、他とは違った雰囲気で
撮影することができます。

社殿前
社殿のすぐ前で撮影する方が多いのですが、
写真館の方は離れて撮影されることが多いようです。社殿全体が写って綺麗に撮れます。
社殿内 碁盤の儀

ご祈祷された方は社殿の中で撮影することも可能です。
碁盤の上や飛び降りる瞬間の画像はいい記念になります。

神門前
大勢で撮るときは神門の階段を利用すると顔が写りやすいです。
離れて撮影すると、神門全体や灯篭、木々が一緒に撮影できます。
神門前
大勢で撮るときは神門の階段を利用すると顔が写りやすいです。
離れて撮影すると、神門全体や灯篭、木々が一緒に撮影できます。


これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

-お問い合わせ・アクセス-

みつ いつくしまじんじゃ
三津 嚴島神社 

住所:〒791-8063
   愛媛県松山市神田町1-7
電話:089-951-1471

FAX:089-951-2220


アクセス

国道437号禊橋交差点を西側に
橋を渡るように曲がるとすぐ右手側です

※一部ナビで神社裏側に案内されることがあります
※裏側からは入れません

駐車場:30台
(正月・秋まつりには臨時駐車場あり)

最寄り駅

伊予鉄道高浜線・三津駅 ~徒歩5分

JR予讃線・三津浜駅   ~徒歩15分
伊予鉄バス・三津厳島神社前駅~徒歩1分
松山空港        ~車で約15分

三津嚴島神社へのお問い合わせはこちらから-

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。